MENU

管理薬剤師になる方法

 

管理薬剤師になるは薬剤師の資格を持っていることが必須条件となっていますが、実はそれ以外の法的に必要な条件はありません。つまり、薬剤師になってしまえばだれでも管理薬剤師になることはできます。といっても、仕事内容は医薬品の管理、調剤などをはじめ、従業員の労務管理、さらに医薬品に関する法律などに精通している必要もありますし、患者さんの医療保険制度なども十分理解していなければなりません。

 

要するに薬剤師として医薬品に関する責任者として働かなければなりません。したがって、全く実務経験がないとなかなか十分に務まるものでもありません。さらに、ただ仕事ができればいいというものでもなく、従業員とのコミュニケーション能力など働いている人たちの雰囲気を決めるのも管理者のやり方一つで大きく変わってきてしまいます。それなりのスキルだけでなく人柄などもとても重要なため、少なくとも数年間の実務経験がないと、なかなか管理薬剤師として働くことは難しいですし、仮になれたとしてもかなりの努力が必要になってきます。

 

 

では、管理薬剤師になる方法としてはどのような道があるのでしょうか。近年、増加傾向にあるのがドラッグストアや病院近く、あるいは街中にある調剤薬局からの募集です。特に調剤薬局はチェーン店化されている薬局が増加しており薬剤師も需要と供給から言えば需要が多くて人手不足の傾向がありますので多くの募集が出ています。実務経験が少なければまずは薬剤師としてそのような企業や薬局などに就職し、将来的に管理薬剤師を目指し、必要な経験を積みながら仕事を覚えてゆき、やがて自分のスキルがアップしてきたら管理薬剤師としてステップアップできるかもしれませんし、経験を積んだ後に再度転職の際に管理薬剤師として働くことができるでしょう。現在は薬剤師転職専門のWebサイトや仲介業者も多くあります。公開されていないような求人も少なくないため、このような手段を使って管理薬剤師として働くことも可能です。


T1(821)
福岡県
新潟県
三重県
宮崎県
千葉県
秋田県
静岡県
石川県
青森県
山形県
栃木県
福島県
山口県
埼玉県
愛媛県
奈良県
大分県
滋賀県
愛知県
長野県
佐賀県
和歌山県
兵庫県
京都府
宮城県
高知県
富山県
島根県
北海道
広島県
大阪府
沖縄県
岩手県
岡山県
鹿児島県
徳島県
神奈川県
岐阜県
長崎県
鳥取県
香川県
福井県
熊本県
茨城県
群馬県
山梨県
東京都
T2(821)