MENU

管理薬剤師の年収、平均はどれくらい?

 

薬剤師の仕事先は病院や調剤薬局、製造メーカー等多くあります。最近ではドラッグストアでも求人が多くあり、活躍の場は広がっています。これらの場所で医薬品の製造・販売を行う場合、必ず管理薬剤師を設置しなければなりません。これは薬事法で定められています。この管理薬剤師ですが、本店以外の支店でも設置義務が生じます。つまり1店舗に必ず兼任でない管理薬剤師が在籍していなければなりません。

 

仕事内容は薬剤の管理以外に従業員への指導や管理を行います。薬剤師の資格を保有している事は当然ですが、その他特に資格は必要ありません。管理薬剤師という資格はないので、薬剤師の資格を有していれば求募集に応募できますし働く事もできます。しかし一般的に企業側は相応の経験年数を求めます。平均して3年以上の経験年数を有している事を条件にしている企業が大半です。

 

管理薬剤師の職場は多いですが、年収が高いのは製造メーカーです。関連する部署に必ず設置する義務があります。業務内容は新薬の申請等の行政に関わる事や、取扱い医薬品の対応等製造メーカーならではの業務があります。管理薬剤師なので医薬品の在庫保管や管理も業務に含まれます。その他営業職であるMRに対して教育や指導も行いますので、説明資料の作成といったデスクワークが中心となります。薬剤師としての知識以上に教育やデスクワークの知識が必要と言えます。

 

製造メーカーは薬剤師の平均年収は高いです。これにはMRや治験コーディネーター等、他の薬剤師資格保有者もいるからです。営業職であるMRの平均年収はインセンティブがある背景から、800万円程になっています。それが平均年収をあげている要因になっているので、薬剤師といっても配属される部署により年収に差はあります。
しかし上記の様な管理薬剤師の部署でも平均年収は600万円程であり、調剤薬局や病院の平均が400万円から500万円である事から高い水準と言えます。

 

 

管理薬剤師でキャリアアップ

 

キャリアアップしたいと思っても漠然とそう考えているだけではおそらく何も変わらないでしょう。自分がキャリアアップするためには目標を持ち、どうやってそこにたどり着くかを考えなければなりません。薬剤師のキャリアアップなら目標にしやすいのが管理薬剤師です。

 

管理薬剤師とは薬事法に基づいて各拠点におかれることが義務付けられている責任者のことです。調剤薬局なら1店舗に1人、医薬品卸業なら1営業所に1人設置されます。1人が拠点の掛け持つことはできません。また、週に40時間以上の勤務が必須です。業種や会社によって異なりますが、ほとんどの場合はその拠点の管理責任者としてのポジションを与えられ、その分収入もアップします。

 

管理薬剤師を目指すことは収入がアップするだけではなく、ビジネス全般のスキルを高めることにも役立ちます。責任者として担当拠点のマネジメントを行わなければなりませんし、外部との交渉やスタッフへの指導もこなさなければならないからです。スタッフをまとめるマネジメントスキルとコミュニケーションスキルはどんな職業でもキャリアアップのための必須のスキルです。また、医薬品を扱う上での法的知識も身につけなければなりません。

 

ですから、現在勤めている会社で真面目に働いて必要なスキルと知識を身につけて認められれば管理薬剤師になれるかもしれません。しかし、いくらスキルがあっても正当に評価されなかったり、経営上の理由や年功序列などの理由で必ずしもすぐになれるとは限りません。

 

もし、自分にスキルがあってすぐにでも管理薬剤師でキャリアアップしたいと思ったら、管理薬剤師を募集している求人に応募するのが早道です。今勤めている会社にアピールしても可能性が少ないのなら求めている会社にアピールしたほうが可能性が高いのは当たり前です。仕事にはやりがいが何よりも大切です。なりたい自分になるためにも積極的に管理薬剤師の求人に応募してみてはいかがでしょうか。


T1(821)
北海道
茨城県
宮崎県
和歌山県
長野県
宮城県
滋賀県
千葉県
熊本県
青森県
福井県
高知県
愛知県
愛媛県
奈良県
広島県
大阪府
埼玉県
山梨県
京都府
群馬県
新潟県
秋田県
沖縄県
福岡県
山口県
島根県
石川県
徳島県
山形県
岡山県
神奈川県
兵庫県
静岡県
岐阜県
香川県
長崎県
栃木県
佐賀県
富山県
鹿児島県
三重県
鳥取県
大分県
福島県
岩手県
東京都
T2(821)